着床前診断(PGT-A)

着床前診断(PGT-A)とは

着床前診断(PGT-A)とは

着床前診断(PGT-A)とは体外受精によって得られた胚の染色体を調べる検査です。染色体に異常があり、着床の可能性が低かったり流産につながる可能性が高い受精卵の移植を避けることで、妊娠率・出産率を向上させることが目的の検査です。

検査の流れ

体外受精した受精卵の外側部分(栄養外細胞)から細胞の一部を採取(生検)し、その細胞の染色体の本数や構造に異常がないかを調べます。
染色体に異常がない正常な受精卵を母体にもどします(移植)。

PGT-A検査の流れ

検査を受けるメリット

不妊治療は治療に長い期間がかかり、また必ず妊娠するという保証もありません。また、治療期間の長期化や治療のステップが高度化することにより、費用総額も高額になります。特に高齢で出産を決意された場合、時間がかかることが気がかりで、不妊治療に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
着床前診断(PGT-A)を不妊治療のなかで採用することで、時間を大幅に短縮することができます。また、着床に至らないケースや流産する可能性を下げることで、身体的・精神的な負担が軽くなります。

着床前診断(PGT-A)と出生前診断(NIPT)の違い

着床前診断(PGT-A)

”妊娠前”に受精卵(胚)から染色体異常を調べる検査で、着床の可能性が低かったり流産につながる可能性が高い受精卵の移植を避けることで、妊娠率・出産率を向上させることが、検査の主な目的です。

着床前診断(PGT-A)

出生前診断(NIPT)

出生前診断(NIPT)は、”妊娠後”に血液から染色体異常を調べる検査で、出生前に胎児の状態や疾患等の有無を調べておくことによって、生まれてくる赤ちゃんの状態に合わせた最適な分娩方法や療育環境を検討することが検査の主な目的です。