一般不妊治療

当院の一般不妊治療についてGeneral

タイミング指導

タイミング療法とは、自然妊娠がしにくい夫婦(カップル)が初めにする不妊治療で、妊娠に適した日を排卵日から診断し性交のタイミングを合わせます。
基礎体温や様々な検査の結果を参考にしながら排卵日を予測し、効果的な性交渉のタイミングを医師がアドバイスします。もっともお二人にとって負担が少ない不妊治療のファーストステップです。
詳細を見る

人工授精

人工授精(AIH)は、夫(パートナー)の精液を培養液で洗浄濃縮し、最も妊娠しやすい時期に、専用の管(カテーテル)で子宮内に注入する方法です。
「人工授精」という名前ではありますが、医師が行うのは子宮内に精子を注入するところまで。精子が卵子と出会い、受精するのは自然妊娠とまったく同じです。
自然妊娠では腟に精液が入り、そこから精子が子宮に到達するのに対し、人工授精は直接子宮に精子を注入しますので、精子と卵子が出会う確率が上がります。
料金を見る詳細を見る

卵管鏡下卵管形成術(FT) ※大阪院のみ対応可(現在患者さまの増加に伴い、より専門性の高い生殖補助医療(ART)に特化するため、一般不妊診療の受入を停止させていただいています。)

卵管鏡下卵管形成術(FT:FalloposcopicTuboplasty)とは、卵管の通過障害(狭窄や閉塞)を改善するために行う治療法です。
HSG(子宮卵管造影検査)で卵管の狭窄や閉塞が確認された場合が対象になります。
内視鏡(卵管鏡)と、それを取り囲むようにある風船(バルーン)を内蔵した細い管(カテーテル)を使い、卵管内でカテーテルに内蔵されたバルーンを押し進めることにより、卵管の閉塞または狭窄部分を拡げます。通過障害が改善したことを卵管鏡で確認し終了となります。
料金を見る詳細を見る

にしたんARTクリニックのTOPページへ