不妊治療における先進医療

公開日: 更新日:

不妊治療における先進医療とは?Advanced Medical

先進医療とは、厚生労働大臣が認める高度な医療技術を用いた治療法のうち、有効性・安全性を一定基準満たすものの、まだ保険適用の対象となっていないもののことです。先進医療は、一般的な保険診療の過程で患者が希望し、医師が必要性を認めた場合に実施されます。

先進医療はすべて自費診療になるため、通常は保険診療と併用することはできません。しかし、承認を受けた一部の先進医療については、保険診療と同時並行で行うことができるようになりました。

にしたんARTクリニックで行っている体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)については、採卵から胚移植までの基本的な診療は条件を満たせばすべて保険適用となり、オプションとしてご用意しているさまざまな先進医療との組み合わせが可能です。
妊娠の可能性を高める先進医療の種類や費用負担について解説します。

不妊治療における費用負担の考え方

2022年4月から、人工授精(AIH)などの「一般不妊治療」、体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)などの「生殖補助医療」について、保険適用されることとなりました。
これらの「保険診療」と、診療費を自費で負担する「自由診療(自費診療)」を併用することは「混合診療」といって、原則として認められていません。

先進医療は自由診療に該当しますが、ある程度の実績を積んで確立されている治療であると認められた治療については、保険診療との併用が認められています。このときの費用負担は、保険診療分と、先進医療にかかる自己負担分です。
ただし、先進医療として認められていない自由診療を併用した場合、保険診療分を含む全額が自己負担になるため注意しましょう。

保険診療・先進医療・自由診療の費用負担の考え方

不妊治療における先進医療の種類

先進医療は、厚生労働省が認めた高度な医療であり、保険給付の対象とするか否かを検討している段階のものです。先進医療は、大きく「先進医療A」と「先進医療B」に分けられます。

先進医療A

先進医療Aは、使用する医薬品や医療機器等が承認済みのもの、薬機法などの適用を受けている先進医療です。今後、保険医療に移行する可能性が高いと考えられています。先進医療Aは、にしたんARTクリニックでは新宿院品川院大阪院名古屋駅前院神戸三宮院で実施しています。

先進医療B

使用する医薬品や医療機器等が未承認、あるいは薬機法適用外の先進医療は、先進医療Bに該当します。先進医療Aよりは保険医療に移行する可能性が低いと考えられています。にしたんARTクリニックでは扱っていません。

不妊治療で行われている先進医療A

不妊治療で行われている、先進医療Aについて紹介します。にしたんARTクリニックの一部の院で実施していますので、ご希望される患者さまはカウンセラーや医師にご相談ください。

SEET法(子宮内膜刺激術)

SEET法(子宮内膜刺激術)とは、受精卵を培養した培養液をあらかじめ子宮内に少量戻す治療のことです。体外受精で得られた受精卵を5~6日間培養し、得られた胚盤胞と培養液をそれぞれ凍結保存しておきます。
この培養液には、子宮内膜胚受容能促進に関わる因子が含まれていることから、子宮内に戻すことで妊娠率の向上を目指すことができます。詳細を見る

タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養

タイムラプス撮像法による受精卵・胚培養とは、インキュベーターから胚を出さずに成長の様子を連続して観察する技術のことです。
培養期間中の胚はこまめに観察する必要がありますが、おなかの中の環境を再現したインキュベーターの外に胚を出すことは、胚にとって大きなストレスです。タイムラプス撮像法であれば、安全に胚の様子を観察することができます。詳細を見る

子宮内膜スクラッチ(子宮内膜擦過術)

子宮内膜スクラッチ(子宮内膜擦過術)とは、胚移植をする前の子宮内膜に軽く人工的な傷をつける方法です。傷を修復するために分泌される成長因子によって、着床率・妊娠率の向上が見込めるといわれています。詳細を見る

ERA(子宮内膜受容能検査)・EMMA&ALICE(子宮内細菌叢検査)

ERAとEMMA&ALICEは、胚移植を行う日と着床のタイミングを合わせるために行う検査のことです。
子宮内膜受容能検査は、子宮内膜が受精卵を受け入れる状態になっているかどうかを調べることができ、子宮内細菌叢検査では、子宮内の善玉菌が多いほうが着床率、妊娠率が高いとする報告にもとづき、子宮内フローラを健全な状態に近づけるための検査を行います。詳細を見る

ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術

ヒアルロン酸を用いた生理学的精子選択術は、成熟した精子がヒアルロン酸と結合する特性を活かして、正常な成熟因子のみを選択して顕微授精(ICSI)に用いる技術です。ヒアルロン酸に結合する成熟した精子は精子頭部のDNA損傷も少ないと言われており、受精卵の成長がなかなか上手くいかない方に使用しすることがあります。また、胚移植後の流産率の低下を期待することもできます。

強拡大顕微鏡を用いた形態学的精子選択術

強拡大顕微鏡を用いた形態学的精子選択術とは、1,000~1万2,000倍の顕微鏡を用いて、形態が良く質が良いことが予想される精子を選択し、顕微授精を行う方法です。
通常の顕微授精(ICSI)では400倍の顕微鏡で精子を選びますが、1,000~1万2,000倍の顕微鏡を使用することで、特に精子の頭部内にある空胞まで観察することが可能になります。

Doctor's Message

不妊治療は、結果が出るまでの時間に個人差があり、長期に及ぶと費用がかさむことから、妊娠を望みながら治療をあきらめざるをえないケースがありました。しかし、少子高齢化対策の一環として不妊治療の保険適用が進み、2022年4月からは人工授精などの一般不妊治療、体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)が保険適用となっています。ただし、対象となる治療は限られており、年齢や回数にも制限があることに注意しましょう。
最新の検査や治療を受けたい方には、先進医療制度を活用した保険診療との併用もおすすめしています。最良の結果を得るために、納得いくまで医師の説明を受け、自分に合った検査や治療を選んでください。

費用

※神戸三宮院の料金は、神戸三宮院サイトでご確認ください。

■採卵・培養に伴うオプション
IMSI(イムジー) 11,000円
PICSI(ピクシー)/1周期あたり 11,000円
SEET法(⼦宮内膜刺激胚移植法) 33,000円
タイムラプス培養 30,000円
■移植に伴うオプション検査
ERA(⼦宮内膜着床能検査) 154,000円
EMMA(⼦宮内膜マイクロバイオーム検査)
ALICE(感染性慢性⼦宮内膜炎検査)
66,000円
トリオ検査(ERA/EMMA/ALICE) 203,500円

2023.12.22 現在

初回予約
にしたんARTクリニックのTOPページへ
新宿院 予約する
日本橋院 予約する
品川院 予約する
大阪院 予約する
名古屋駅前院 予約する
神戸三宮院 予約する
博多駅前院 予約する