PFC-FD療法

公開日: 更新日:

PFC-FD療法とは?PFC-FD Treatment

PFC-FD療法とは、本人の血液に含まれる成長因子を抽出し、疾患・損傷の修復や新たな細胞の成長を目指すアプローチです。不妊治療領域では、抽出した成長因子を子宮に注入することによって子宮内の環境を改善し、妊娠率の向上を目指します。

なお、PFC-FDとは、血小板を多く含むPRP(Platelet-Rich Plasma:多血小板血漿)から成長因子だけを濃縮・凝固させ、凍結・乾燥させたもののことです。採血した血液を専門機関で加工し、生成します。

従来は、傷んだ組織を修復し、炎症を改善して痛みが回復するPRP(凝縮した血小板)の働きを、美容外科領域や整形外科領域、歯科領域などの治療で活用してきました。
不妊治療領域では、PRPを子宮内に注入することで、子宮内膜が厚くなることが期待されています。子宮内膜に厚みがなく着床に至らないケースや、良好な胚移植を複数回行っても着床しないケースで有効な結果を残しています。

近年、PRPの応用が進み、血小板由来の成長因子のみを抽出したPFC-FDの生成が可能になったことで、治療の質が一段上がりました。卵胞に効果的な成長因子を多く含んでいるため、子宮内膜の成長に効き目が期待できるほか、既存の薬では不可能だった初期の卵胞の発育を促進し、採卵数を高めることも期待できます。

PFC-FD療法の対象となる方

PFC-FD療法は、対象となる患者さまが限られています。
にしたんARTクリニックでは下記の要件のうち、2つ以上あてはまる患者さまを中心に実施しています。

当院でのPFC-FD療法の対象となる要件
凍結融解胚移植を予定し、PFC-FD療法を希望する患者さま
これまでに複数回の胚移植を行っているが、なかなか着床せず妊娠が成立していない患者さま

着床率・妊娠率は年齢とともに低下していくため、1回の採卵でできるだけ多くの卵子を取りたい40代以降の方にもご提案することもあります。

不妊治療におけるPFC-FD療法の流れ

PFC-FD療法の実施には、時間をかけて準備する必要があります。子宮内膜を厚くするためにPFC-FD療法を行う場合の、基本的なスケジュールをご紹介します。

1. 主治医に相談する

PFC-FD療法は、医師がその必要性を認め、治療の内容について患者さまが納得した場合に行うことができます。適用要件にあてはまる場合は、主治医に相談してください。PFC-FD療法は全額自己負担となります。

2. 採血する

にしたんARTクリニックで採血し、PFC-FDを生成する専門機関に血液を送付します。専門機関では、お預かりした血液を遠心分離して不要物を取り除き、成長因子だけを取り出して濃縮・抽出して凍結乾燥します。PFD-CDの作成には約3週間かかります。

3. 胚移植のスケジュールを決め、注入日を待つ

専門機関で生成したPFC-FDが、クリニックに送付されます。その間、患者さまには胚移植のための通常の治療を実施。胚移植のスケジュールを決めます。

4. 注入する

胚移植をする周期の月経が始まった日を1日目として、月経周期の10日目と12日目の2回に分けて、PFC-FDを溶解して子宮内に注入します。子宮内に注入することで内膜が厚く、ふかふかになることが期待できます。
なお、PFC-FDを注入後、30分程はクリニック内で安静にお過ごしください。

5. 胚移植を行う

子宮内膜が着床しやすい厚さになっているのを確認し、スケジュールどおりに胚移植を行います。その後の経過は、ほかの胚移植の場合と同様です。

PFC-FD療法のメリット

最新療法として注目を集めるPFC-FD療法には、多くのメリットがあります。主なメリットは下記のとおりです。

低刺激で負担が少ない

PFC-FD療法は、患者さまは採血をし、出来上がったPFC-FDをクリニックで子宮内に注入するだけです。通院も、採血時と注入時のみでほとんど負担がありません。

子宮内環境や機能改善が期待できる

PFC-FDに含まれる成長因子の自己組織修復作用と抗炎症作用により子宮内環境が改善され、受精卵(胚)が着床しやすくなると考えられています。
従来は生活面の改善がメインだった子宮環境へのアプローチが、科学的に効果を実証しやすい方法で実施できるようになったといえます。

アレルギーリスクが少ない

PFC-FDは患者さま自身の血液から作られるため、アレルギーや副作用のリスクを低減できます。添加剤や化学製剤も使わない、体に優しい治療法です。

治療スケジュールに柔軟な対応ができる

専門機関が生成したPFC-FDは、室温で半年間保管することができます。生成後、医師と相談の上、ベストなタイミングでの注入が可能です。

PFC-FD療法にかかる費用

採血費 11,000円
PFC-FD制作費 220,000円
注入費(子宮内) 22,000円
料金の詳細を見る
初回予約
にしたんARTクリニックのTOPページへ
新宿院 予約する
日本橋院 予約する
品川院 予約する
大阪院 予約する
名古屋駅前院 予約する
神戸三宮院 予約する
博多駅前院 予約する